« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月 6日 (木)

あきらめの夏の過ごし方

コロナ禍での酷暑の日々、残暑お見舞い申し上げます。

年頭の拙投稿のゆるさ(2020年の目標:「脱・重い荷物」)と現在の深刻な状況のギャップに愕然としています。ちなみに荷物のミニマル化には成功したのですが、その軽さを体感する機会が激減しました。

「思い立ったが吉日」「すべてのわざには時がある」。先延ばししたせいで会えなくなった人がいた経験から、「そのうち」はないのだと、「今がその時」と感じる心には素直でいようと念じています。逆も然りで「今じゃなくていいや」という低いモチベーションも尊重しています。その結果、今年は2月までの外飲み(月3回は人生最多記録)とライヴが最後になりました。最後と言い切れてしまうのも悲しいのですが。

錯綜する情報発信に加えて、感染者が謝罪する風潮には違和感を禁じ得ませんし、患者やエッセンシャルワーカー、その周囲の人への誹謗中傷は論外。自分は感染しないとでも思っているのでしょうか。必要な情報を文脈全体から読み取る力や想像力の欠如を感じます。それが現実に起きている以上、発信する側が警戒レベルを上げて、慎重になることも予防策かと思っています。そのような思いでいるため、コロナに前置詞や接尾語をつけたくないのですが、コロナ時代(?)の日常の変化を書いてみたいと思います。

【仕事と生活リズム】 以前は夜に仕事をすることもありましたが、感染対策として体力の温存を重視し、朝型にシフトしました。ついでに内外の掃除や水やりなども朝にし、時々リモート勤務、平日に休日あり、の家人らに合わせると昼食まで規則的になり、心なしか体調が調ったようです。

【読書】 外出しなくなった時間で悲願の「積ん読」をほぼ読破。なかでも紙本では絶版になった作品を特別限定版(Kindleで無料)で読めたのは嬉しく、ページを繰る妄想をしながら堪能しました。

【たまったBD】 深夜にひとりで映画を観るのが貴重な気分転換でしたが、早寝早起きにしたので断念。先日、激しく早起きして家事と仕事の前に映画を1本観るという離れ業を決行、「人間、やればできる」という妙な自信を得ました。ライヴのBDは、終業後、夕食をつくる時間を利用して大音響で視聴しています。包丁で怪我をしないように気をつけながら。

【茶道関係】 茶道も着付けも濃厚接触以外の何ものでありません。スキル獲得だけが目的ではなく、茶道の世界観を楽しむメンバーを教えていたので、協議の上無期限お休み中です。こんなに長く着物を着ない生活は初めてかもしれません。この機に朝読書を茶道の本に絞りました。いつか読もうと思っていたその時が期せず訪れたと感じています。

【飲食】 もともと宅飲みなので逆に変化が欲しくて、納品したら飲んだことのない銘柄を選ぼうと独断しました。訳者の皆様のおかげで美味しく飲んでいます。ありがとうございます。その新規開拓の爪痕はSNSで仲間と共有しています。食べたことのある2店舗ほどテイクアウトしますが、初めてのお店は味がわからず宅配利用に踏み切れません(お酒類はチャレンジャーなのに)。そのため、食べたいものはレシピサイトを参考にしつつ、味の記憶を頼りにノンジャンルでひたすらつくっています。

【ストレス解消】 気が済むまでピアノを弾くこととウォーキング、仕事終わりに軽めのバレエエクササイズをすること。オーバートレーニングが危険な年齢であることを肝に銘じていますが、スクワットで大きな筋肉を鍛えて代謝を落ちにくくしつつ、BGM付きのバレエエクササイズでじっくりストレッチ。けがをしにくい体を目指しています。老化対策も兼ねて。

今がただならぬ試練であることに変わりはなく、そのなかで少しでも明るくしようと努力しても、気が晴れる瞬間など結局はないのかもしれません。ゴールが見えないレース、出口が見えないトンネルのつらさを痛感しています。「本当に大変だったよね」と乾杯できる日が待ち遠しいです。

🎶 コーディネーター N.Yazawa 🎶

※ 画像の上にカーソルを置くとタイトルが表示されます。

 ガパオライス 素材(豊作のバジル) 茶道の本

アマビエラベルの日本酒 夕食(居酒屋風?)

 

 

|

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »