« カチャカチャ山 | トップページ

2020年5月11日 (月)

コロナ禍のおこもり生活でしたこと、したいこと

1

①見逃していた映画やドラマ、録画しておいたTV番組をまとめて見る

一番見たかったのは、イギリスのTVドラマ『ダウントン・アビー』シーズン1~6。1912年から1925年にかけて、ヨークシャーにあるカントリー・ハウス(城館)、「ダウントン・アビー」を舞台に繰り広げられる伯爵一家とその使用人たちの愛憎劇を、史実や当時の世相(タイタニック号沈没事故、第一次世界大戦、スペイン風邪の流行など)を絡めて描く、娯楽性にも社会性にも富んだドラマ。貴族が没落し、労働者階級が台頭していく激動の10数年がとてもリアルに感じられたのは、脚本家が貴族階級の出身だからなのでしょう。

戸田恵梨香と加瀬亮がダブル主演する超能力SFドラマ『SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~』シリーズは、『ケイゾク』『池袋ウエストゲートパーク』『TRICK』の堤幸彦の演出。放映当時は子育て中で見られませんでした。シリアスとコミカルのバランスが独特で好き嫌いが分かれるかもしれませんが、私はハマってしまいました。

録画しておいてよかったと思ったのは、没後500年の昨年(2019年)制作されたNHKスペシャル『ダビンチ・ミステリー』(再放送)。「第1集 幻の名画を探せ~最新科学で真実に迫る~」は、現在世界に14点しか存在しないとされているレオナルド・ダビンチの油彩画に共通する科学的特徴から、彼の作品である可能性が高いといわれながらまだ鑑定結果が出ていない絵画数点を調査するプロジェクトに密着した記録。レオナルドの作品の特徴は絵筆の跡がないこと(細かい点をピクセルのように打っているから)と、X線を通すと絵が見えなくなること(透明感を出すために油で薄めた顔料を長い時間をかけて15層も重ね塗りしているから)だそうで、その技巧に驚くとともに未完成の作品が多い理由がわかりました。

「第2集 “万能の天才”の謎~最新AIが明かす実像~」では、レオナルドが残した膨大な手稿(数学、幾何学、天文学、動植物学、生理学、建築学、土木工学、軍事技術、地質学、地理学などに関して書きつづった40年分の手書きのノートとスケッチ)に登場する言葉をAI(人工知能)で解析。再現された彼の思考を年代順に見ていくと、公証人の庶子として生まれたレオナルドは、当時の知識人の共通語だったラテン語を身につけずに育ちましたが、数学者などの専門家たちと共同作業をするようになった35歳から40歳にかけて「知の爆発」が起こって語彙が豊富になっていき、60代になっても新たな知見を獲得し続けていたことがわかるとのこと(67歳で死去)。老いてますます盛ん。なんだか希望が湧いてくるような話でした。

ほかにも見たい映画は目白押し。Amazon Prime Videoや映画関連サイトのレビューを参考に自分好みの作品をリストアップしています。

 

2

②本や電子書籍を読みまくる

AmazonのKindle Unlimited(月額980円で電子書籍の和書12万冊、洋書120万冊が読み放題のプラン。ただし、新刊は少ない)や電子書籍の日替わり・月替わりセールを利用しながら、話題になった作品や雑誌を低価格で楽しんでいます。最近は友人と貸し借りをして感想を話し合いたい作品や電子書籍が出ていない作品は紙書籍で、紙書籍でなくても構わない作品やいますぐ読みたい作品は電子書籍(紙書籍よりも安いことが多い)で購入しています。読み放題プランの電子書籍には料理本など実用書も多く、結構使えます。

・村上春樹『猫を棄てる 父親について語るとき』(月刊『文藝春秋』掲載時に電子書籍で購入)

・ブレイディみかこ『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(紙書籍・単行本)

・原田マハ『美しき愚かものたちのタブロー』(紙書籍・単行本)

・島崎今日子『森瑤子の帽子』(電子書籍・セールで単行本の半額)

・アンソニー・ボーデイン『キッチン・コンフィデンシャル』(紙書籍・ソフトカバー)

・又吉直樹『東京百景』(紙書籍・文庫本)

・ディー・レディー『あたしの一生:猫のダルシーの物語』(紙書籍・文庫本)

・米原万里・佐藤優『偉くない「私」が一番自由』(電子書籍・セールで文庫本の半額)

・大久保愛『心がバテない食薬習慣』(電子書籍)

・小田真規子『休日が楽しみになる昼ごはん』(電子書籍・読み放題プラン)

 

3

③ふだんなかなか作れない料理に挑戦する

ネットで評判のレシピでチーズケーキを作ってみました(写真左上)。クリームチーズ、サワークリーム、ギリシャヨーグルト、生クリーム、ホワイトチョコレートを使うちょっと珍しいレシピ。濾してから蒸し焼きにするので、なめらかで濃厚すぎず、さわやかな味わい。トンカ豆は杏仁豆腐に使うパウダー(杏仁霜)、バニラビーンズはバニラエッセンスで代用しました。
Mr. CHEESECAKEのチーズケーキ
https://mr-cheesecake.com/blogs/journal/no19

銀座の高級中華料理店のシェフが伝授するパラパラチャーハンを作りました。次回は、伝説の家政婦が教える3つの材料だけでできるチョコレートムースを作ろうと思います。
NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』の「緊急企画 プロのおうちごはん」
https://www.nhk.jp/p/professional/ts/8X88ZVMGV5/faqpage/

次女はイタリア研修旅行で習ってきた手打ちパスタ(タリアテッレとオレキエッテ)に挑戦(写真右上)。パスタに合わせてポルチーニソースやツナトマトソースも自家製に。

エスニック料理で世界旅行。市販のミックスやソースも利用しながら、フォー(写真左下)、タンドリーチキン、サグカレー(ホウレンソウのカレー)、ナン、ビリアニ、カオマンガイ、グリーンカレー、生春巻き、ピビンバ、カルビクッパ、チヂミ、アヒージョ、タコスなどスパイシーな料理を作りました。

吞兵衛の長女は燻製作りに初挑戦。丈夫な鋳物ホーロー鍋と桜のチップを使って、6Pチーズ、うずらの卵、かまぼこ、ポテトチップス、ポップコーンをスモークしました(写真右下)。

 

4

④面白い動画やSNS、ためになるサイトの情報を友人と交換する

身近なアイテムを使って自宅でもできる名画の再現チャレンジが欧米でブームになっています。

Twitterではロサンゼルスのゲッティ美術館
https://twitter.com/GettyMuseum/status/1242845952974544896

InstagramではTussen Kunst & Quarantaine(オランダ語で「アートと隔離のあいだ」)
https://www.instagram.com/tussenkunstenquarantaine/

などでチャレンジ写真がシェアされています。

Bored at Home Photography Ideas(上記の4コマ写真)
https://youtu.be/K96g-1UIwCU

People Stuck at Home are Recreating Famous Paintings and It’s Awesome
https://twistedsifter.com/2020/04/people-stuck-at-home-are-recreating-famous-paintings-and-its-awesome/

アート関係では、Googleと世界各地の有名美術館とのコラボによるコレクションが高解像度のオンライン美術館として楽しめます。
Google Arts & Culture
https://artsandculture.google.com/partner?hl=ja

動画を見ているだけで楽しくなるけれど、作るには少々勇気が要る豪快レシピ動画。
見てる側から試したくなる!簡単で面白いレシピ BEST15
https://youtu.be/kzCeiDi8cEA

スーパーマーケットで魚や野菜を入れる薄手のポリ袋を開けるコツは、備えつけの濡れぶきんを使いたくないこの時節、目からウロコでした。
ポリ袋の口を簡単に開ける裏技
https://youtu.be/gDfKCmsgxTE

 

5

⑤運動とお風呂で体と心のメンテナンスをする

ウォーキングをしながら、季節の移り変わりを楽しんでいます。咲いている花も4月から5月にかけてビオラやツツジ→ハゴロモジャスミンにモッコウバラ→バラやマロニエへと変わってきました。写真の左上はトベラの花の蜜を吸うアオスジアゲハ、右下はマロニエの花。

ヨガマット(写真右上の水色)を敷き、グリッドフォームローラー(その隣の紫色)、ウェーブストレッチリング(手前の黄色)、マッサージボール(手前の青色)を使ってストレッチや筋膜リリースをしています。youtubeでこうした器具名を検索すると、肩こりや腰痛、ふくらはぎのむくみなどに効くさまざまなエクササイズ動画が出てくるので、その日の体調に合わせてあちこちほぐしています。

お風呂のときはタブレットやスマホに防水カバー(写真左下)をつけて、読書や映画鑑賞、音楽鑑賞をすると、贅沢な気分に浸れます。

 

6

⑥猫とふれあう時間を増やす

家族が全員家にいるのは、わが家の猫(メス・9歳)にとってもうれしいようです。毎朝、私の布団の隣に置いた専用ベッドで目覚めると、朝食の支度をしている間に夫の椅子を占領。夫が猫の乗る椅子を窓際にそっと置くと、温かい日差しを浴びながらウトウト。朝食が終わると次女の部屋に行って勉強机を占領し、昼間暑くなってくると涼しい長女の部屋のベッドに飛び乗って昼寝をするというルーティーンができあがりました

私がヨガマットでエクササイズをしていれば、すかさずその一角を占領。マンションの外廊下を一緒に散歩して虫を捕まえたり、傘立てにかくれんぼしたりするのも彼女の楽しみのひとつです。

この連休中は、ヤマト運輸のトラック仕様のウォークスルーボックスの窓を切り抜いて組み立て、「シマネコヤマトの宅急便」ハウスを作りました。狭いスペースに身を潜めるのが大好きな猫なので、出たり入ったりの繰り返し。翌日には飽きてしまいましたが……。

猫を撫でたり、猫がゴロゴロと喉を鳴らす音を聴いていると、気持ちが休まります。かまってほしいとおなかを見せて降参ポーズ。猫を飼い始めてから私も家族もよく笑うようになり、口角が上がったような気がします。朝と夜のごはんや昼のおやつもその時間帯になると催促するので、こちらも自然に規則正しい生活を送るようになりました。

 

以上の6項目の他にも、⑦ベランダ菜園に種まきをする(パクチーやベビーリーフ)、⑧家の片づけやメンテナンスをする、⑨スマホやPCに保存した写真を整理する、⑩家族や友人とテレビ電話(FaceTime)やLINEのビデオ通話で話す、⑪Amazonで購入したもののレビューを書いたり、Instagramに投稿する、⑫非常持ち出し袋を点検して賞味期限が近い非常食を詰め替える、などやりたいこと、やれそうなことはいろいろ。スマホのメモ帳や瞬間日記(アプリ)に書き込んでおき、いつでも始められるように備えています。

 

コーディネーター 青山💡

 

 

|

« カチャカチャ山 | トップページ