« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月 6日 (月)

2020年の目標:「脱・重い荷物」

初春のお慶びを申し上げます。本年もよろしくお願いいたします。

GWに「平成最後の日と令和最初の日(を含む10連休)」をアップしてから8カ月ぶりのブログです。前回、岡倉天心の『茶の本』を引用して精神修養の決意を語ったわりには、次々と起きる面倒なできごとに修業不足を思い知らされた1年でした。

年末年始の帰省は、雪が少なく、実家の家族や友人と穏やかな時間を過ごせることに感謝して過ごしました。かなり食べて飲んでも、やるべきことも多いせいか、近年は体重が増えなくなりましたが、それはそれで悪くないのかも。

帰省の度に実家の片付けの手伝いをしています。数回の引っ越しの度に忙しさを理由に「そっくりそのまま」運び込まれたものが多く、誰もが辟易。それを指示通りに仕分けをするのですが、懐かしすぎるものが高頻度で登場するため、思わず見入ったり、写真を撮ったり、楽器を鳴らしたり……なかなか進みません(親も私も)。長い道のりになりそうです。

私自身はミニマリストではありませんが「片付け魔」です。アップデートして処分するもの、物体として残すもの、画像などデータ化して残すもの、リサイクルするもの、をカテゴライズしており、その結果「Memories_死んだ家電たち」などという暗いフォルダ名の画像集があったりします。食器棚も書架もPC内のデータも整理・分類しておかないと気が済まない性格です。また、旅行のパッキングがCAさん並に得意です。スキマの有効活用が大好物なのです。

それなのに……日常の荷物が多くて重いのです。某サイトの分類によると典型的な「心配性に起因するバッグが重い人」らしいです。たとえば、必要になったらコンビニで買えるのに、ストッキング、ショートストッキング、パンプスインと3種取り揃えて持っていたりします。これまで何度か荷物をコンパクト化する試みはしてきました。普段使わない診察券やショップカードは家に置く、メモはスマホに取るから紙は持たない、移動中の読書はKindleで、Vicksは箱ではなくスティックで持つ、など。塵も積もればと努力しましたが、今一つ違いを感じにくいターゲットだったようで……。今年こそは、と一念発起。帰京中の新幹線内でその種のサイトをいくつもチェックし、バッグ内のポーチを1個減らすことに成功し、少しだけ薄く軽くなったリュックに感動しています。でも、まだいけるはず。コンタクトレンズケースの防水機能を利用して、一方に「オールインワンジェル」、もう一方に「リキッドファンデ」を入れているという例を見たときには、「まだまだだぁ」と情けなくなりました。裏技をご存じの方がいらしたら、ぜひ教えてください。

コーディネーター 👓 N.Yazawa


Photo_20200106144101

Photo_20200106143901Photo_20200106144001

記念写真:手帳の引継ぎ  

     談笑から静謐な時間にシフトする恒例カニパーティー
              ステンレスのストローがエコなポートタワーのセリオンカフェ

                       

 

|

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »